オリックス銀行カードローンの解約をしたときの体験談

オリックス銀行カードローンを申し込みして融資を受けたのですが、すべて完済したので解約をすることにしました。そのため、すぐにオリックス銀行に電話連絡をしました。カードデスクが担当だったので、カードデスクに電話をいれました。すると、すぐに書類一式が送られてきました。そこに、必要事項をきちんと記入して、署名捺印をして返送しました。会社によっては電話のみで完了するところもあると聞いていたのでsが、こちらは書類の提出が必要でした。

そしてそのあとは、契約書を返却してもらいました。また、私は証明書もほしかったので、お願いをしてもらっておきました。今後、住宅ローンを組む予定もありますし、カーローンの審査にも影響がでることがあると聞いたので、今回解約をしました。でも想像していた以上に簡単にできたので安心しました。

でも、自分にとって不利となる支払いを延滞してしまったという情報は、5年間信用情報機関に登録されてしまうとききました。今回カードローンを解約したからといって不等号な情報はすぐに消えないんだなと思いました。実際に私は支払い延滞をしたことがあるので、少し残念だなと思うました。

でも、問い合わせをしたときのカードデスク担当の人もとても丁寧で親切で、簡単にいろいろな処理をすすめることができました。使っていないのにずっとあるのも嫌だったので、今回きちんと処理ができて本当によかったです。気持ちがすっきりしました。

デビットカードは、本人でないと受け取れません

デビットカードに申し込むと、本人限定受取郵便、または、宅配業者による受取人確認サポートで受け取りをすることになります。
どちらの方法で届くのかは、基本的にそれぞれの金融機関の判断で決まっており、顧客の側から指定することはできません。
本人限定受取郵便の場合は、まず担当の郵便局から到着通知書、または不在配達通知書が送付されます。
郵便物は、自宅配送、または郵便窓口受取のいずれかの方法で、受け取ることができます。
同居家族を含めて本人以外は郵便物を受け取ることができませんので注意が必要です。
自宅配送で受け取るには、指定の番号に電話して配達希望日、時間帯を連絡して配達を受け、公的証明書を提示してデビットカードの受け取りができます。
郵便窓口受取の場合は、指定された郵便局の窓口まで直接出向き、到着通知書と公的証明書を提示し、指定の書類にサインまたは、捺印することでデビットカードの受け取りができます。
宅配業者による受取人確認サポートの場合は、自宅でサービスドライバーに身分証明書を提示することで、送り状の名前、住所と同一かを確認します。
つづいて、口頭で生年月日を尋ねられ、確認が取れるとそれを端末に入力することで手続きが完了し、デビットカードが受け取れます。
いずれの場合も、写真の無い公的証明書を提示する場合、別途公共料金の請求書、領収書の原本またはコピーの提出が求められる場合がありますので、予めご確認ください。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら